お風呂に関する総合情報サイトの風呂ナビ

季節ごとのお風呂

季節ごとのお風呂

1月 松湯
松の葉(200~250g)をよく洗い、松ヤニを落としてから15~20分煮出します。その煮汁を布でこし、お湯に混ぜます。神経痛や肩コリに。
※生葉を浮かべれば、より香りが楽しめます。


2月 大根湯
細かく刻んだ大根の葉を風通しの良い日陰で5日間程度乾燥させ、乾いた葉を布袋に入れてお湯に入れます。冷え性や風邪対策に。


3月 よもぎ湯
葉だけを風通しの良い日陰で乾燥させます。乾燥した葉約30gを布袋に入れ、浴槽に入れます。ストレス解消や安眠に。


4月 桜湯
乾燥した樹皮約50gを布袋に入れます。水から15分間煮出し、煮汁を布袋ごとお湯に入れます。湿疹や打ち身などに。
※花や枝を浮かべても良い。


5月 しょうぶ湯
しょうぶをよく洗って、紐で束ねてお湯に浮かべます。


6月 どくだみ湯
生葉を水洗いして、適当な大きさに刻みます。それを布袋につめて、浴槽の湯口のそばに置き、もみ出しながら入浴します。あせもや水虫に。


7月 桃湯
生葉(30~40枚)を布袋につめて、15~20分間煮出します。その煮汁を布袋ごと浴槽へ入れます。あせもや湿疹に。


8月 はっか湯
陰干ししたミントの葉を約30g布袋に入れ、上から約2リットルの熱湯をかけ15~20分間蒸らします。その湯と布袋を浴槽に入れます。 清涼感の強い香りは暑い夏にぴったり。


9月 菊湯
葉約30gを布袋に入れ、上から約2リットルの熱湯をかけて15~20分間蒸らします。その湯と布袋を浴槽に入れます。老廃物の代謝を活発に。
※生葉でも乾燥葉でも良い


10月 生姜湯
生姜(約40~50g)をすりおろして、その絞り汁を浴槽に入れます。
※薄くスライスしたものを布袋に入れ、もみながら入浴しても良い


11月 みかん湯
食べた後の皮を陰干しします。約20個分の皮を布袋に入れ、浴槽に浸して入浴します。クエン酸やビタミンCによる美肌効果も。
※皮は干した方が成分が抽出されやすくなります。


12月 柚子湯
ゆずの果実5~6個を半分、または輪切りにしてお湯に浮かべながら入ります。冬の乾燥肌に。

当サイトについて  リンクについて  お問い合わせ   Webサービス by Yahoo! JAPAN

© 2017 bathnavi.com All right reserved